名古屋のレンタルオフィスの特徴

レンタルオフィスは日本各地にありますが、主要都市のひとつである名古屋にも多くのオフィスがあります。検索をかけると、やはり大きな駅周辺でもあり、中心地でもある駅周辺やオフィス街が集中する地域に関しては、検索をすると、真っ先に検索がでてきます。中心地はオフィスや役所も多いですので、活躍の機会も多く、また競争も激しいですから、使いやすいオフィスとなっていることが多いです。色々な形態のオフィスがあり、時間制で区切られている場所や、一日、一か月で区切られているオフィス、また部屋はほとんど使用しないが、住所を借りて起業準備などに利用するバーチャルオフィス、電気や備品だけでなく通信設備やその他オプションも揃った貸事務所など、さまざまな形でレンタルができるようになっています。

名古屋のレンタルオフィスの種類

オフィスを貸し出す形態は色々あります。バーチャルオフィスやオープンオフィス、貸事務所、貸会議室、フリースペースと様々な名称とともに存在します。そのなかにコワーキングという形態があります。これは同じスペースに、まったく別の仕事をしている独立した、もしくは別の企業に属している人たちが共同でスペースを借りているというものです。異業種間で刺激をしあえるメリットがあり、名古屋にもこのような場所を見ることができるようになっています。また出張先で仕事スペースを確保したい方のためのビジネスワールドサービスがあります。これは世界各国に拠点をもつサービスを行っている会社がおこなっており、フリードリンクやカフェの使用、無線LANなどの備品の使用は当然でしょうが、秘書代行サービスや、国際テレビ会議の設備なども存在する、サービスに関しては一つ上ともいえるレンタルオフィスです。

名古屋のレンタルオフィスのメリット

レンタルオフィスの目的は主に、起業される方たちのために、低価格でオフィスを持てるように機材をそろえ初期費用を抑えられるようにすることです。他にも事業拡大や、一時的な支店準備など、腰を据える場所としてではなく、一時的な場所として借りることにあります。そのため駅に近い場所に多く集まっています。もちろん名古屋にも駅に近い場所、特にオフィス街に存在することが多いです。同じ境遇であり、異業種の人たちが集まる場でもありますから、情報交換もできます。このようにメリットも多いですが、デメリットとしては、オフィスの改装は当然できませんし、不必要なオプションのために高額なレンタル料になっている場合もあります。しきりがパーティションでの区切りである場合は、少し大きな声を出せば聞こえますから、社内機密を守るためには、工夫が必要になります。このようにデメリットもありますが、メリットの大きいです。